NEMOのワンポールテント「META 1P」は軽量ハイキングには理想かも

いま最も気になるテントが、NEMOの2010年モデルのNEMO[ニーモイクイップメント]メタ1P

メーカーHPは、こちら
これまで、キャンプ用にgoliteのシャングリラ3があれば、だいたい事足りていたのだけど、歩きの場合、ちょっと持って行くのが面倒になってきて。
手軽にトレッキングに持って行けるテントが欲しいなぁと思い始めていた。

自転車ツーリング用に考えるなら、マウンテンハードウェアのギサロ1もアリかな、とか。

ただ、大前提として、平地から2000m以下の山をサイクリングorトレッキングするときの使用を想定しているので、自立する必要はないか。
ならば、思い切って、フロアレスのシェルターにしてしまおうかとも考えたものの、ぼくは虫にめっぽう弱い。なので、蚊帳は必須。
軽量なモスキートネットとしてアウトドア使用でも定評のあるブレットシュナイダー ポーラモスキートネット(重量133g)を、何かのツェルトと併用して使う手もあるだろう。

コストパフォーマンスを考えれば、GOLITEのシャングリラ1かシャングリラ2に、蚊帳付きインナーを追加するのが妥当かな?とも思い始めていたけど、踏ん切りがつかないままでいた。
だって、goliteのシャングリラ3を使っているわけだし。
そもそも、この手のシェルターはトレッキング・ストックを2本使って設営するのが、一般的なのだけど、ぼくは、ダブルのストックを使わない。というか、持っていない。
ストックが無いのは困るが、辛いときに、杖代わりにするだけなので、1本で十分。
使っているのは、SLIK(スリック)というメーカーが出している、カメラの一脚にもなるフォトストック3N

LEKI(レキ)にも同じように一脚になるシングル・ストック、シェラ フォトシステム があるけど、スペック的にはさほど変わりはないので(握り心地は、LEKIの方が良さそう、さすがアウトドア・メーカー!)、どうせなら変なものをと、SLIKのものにしてしまった。
あと、この微妙なグリーンは、滅多に見かけないので。
こんなように、昨秋から逡巡を続けていたのだけど、今春のモデルとして、NEMOのからMETA-1P/ニーモ・メタ1Pが出たことで、一気に解決しそうな雰囲気。
ストックを使って設営するようにデザインされているが、なんと1本で立つ!
それに、フロア&モスキートネット付き!
パッケージしたときの重さも、1.0kgと、そそるスペック。
唯一の問題は、さて、資金調達をどうしようか?ということだったりもするのだが…。

 

ニーモ メタ 1P、ついに注文しちゃいました!

昨晩、パッキングまでしたものの、仕事で急用ができ(アイスランドの火山のせい)、代休は明日にお預け。
さて、そんなストレスを解消するために、とうとう、気になって気になって仕方がなかった、NEMO META 1Pを注文してしまった。

今年の各ブランドのテントラインナップを見てから、1本のトレッキングポールで設営できるシステムといい、料理しやすそうな(これ重要!)広い前室といい、もうぼくのためにつくってくれたテントような錯覚に陥ってしまっていたくらいなので、当然の結果だろうけど。
ちょっと臨時収入があったので、GW前に何とか手に入れようか、と。
ふだん海外ブランドのギアの新品を購入するときは、海外通販で取り寄せているものの、ここ数ヶ月どこも「Out Of Stock」。
メーカーのweb直販はもちろん、webショップ系を探しても、全然見つからない。
なら、日本ではどうか?と楽天で探すと2店がひっかかる。
ただ、さかいやの方は売り切れ中だったさかいやも再入荷された模様(4/23現在)。
【2010NEW!】NEMO・META-1P/ニーモ・メタ1P『トレッキングポール設営式』
ODBOXには、まだ在庫があるよう。
<POINT10倍対象商品>【送料無料】NEMO[ニーモイクイップメント]メタ1P
ヤフーショッピングでは、ヒット無し。
独立系では、大阪のUTILITYにあるようだけど、値引き(ポイントなどを含む)なしで、通販というのは、ちょっと気が引ける。(*webのレポートは秀逸です!)


とりあえず、日曜に渋谷のODBOXに見に行ったら、在庫があった。
ただ、広げてもらったら、すぐ買ってしまいそうだったので、はやる気持ちを抑えて、軽くチェック。
まずは、思ったより収納したときに、カサがあるなぁという印象。
収納サイズは約15X15X20cmとのこと。
まあ、1人用軽量テントとほぼ同じ感覚か。
ただ、トレッキング時の荷物に関しては、基本的に重さはできるだけ軽くするようにしているが、嵩はあってもいいという考え方なので、まあ、ここはクリア。
生地に関しては、本体とフライが20D、フロアが30Dとかなり薄目のナイロンだけれども、床面積というか生地の面積が大きい割には、重量を落としているので、こんなところだろう。
ハードなコンディションのときには、少しキツそうだけど、そんな過酷なときには、使わないだろうから、大丈夫。
壁面(?)にインナーメッシュはついているものの、居室の上はシングルウォールなので、雨の時にはどうなんだろう? とか、結露に関しては?と気になる部分もあるのだけど、それは使ってみないとわからない。
というところまで、日曜に確認しておいて、今日の仕事帰りに、新宿のアウトドアショップに。
セールの割引チケットを持っていたので、もしあったらここで買おうと決めていた店頭に在庫はなく。
店員さんに訊いたら、「入ってくるって聞いているんですけど、全然入荷されなくて……」という答えだったので、嫌な予感が。
とはいえ、電話でメーカーに聞いてもらったら、「今週中には届きます」とのことで、一安心。
今日持って帰りたい気持ちはあったのだけど、ショップのセール割引、ポイント加算を考えれば、悪くない値段でゲットできたから、まあ、よしとするか。
現物届いたら、またレポートします!

 

NEMO META 1P到着!

注文していた「NEMO[ニーモイクイップメント]メタ1P」が届いているというので、今日ピックアップ。

とりあえず、本日は付属品のチェックと重量測定のみで。
デフォルトのまま、サイズを見ると、ナルゲンの600ml水筒4本分くらいのサイズ。

付属品は、ペグ6本とガイライン2本、補修パッチ。

そのまま重量をはかると、約1090g。あれ、1.0kgって説明書に書いてなかったっけ?

本体のみではかると、約900g。これはスペック通り。

ほかにペグは1本12g、ガイラインは2本で17g。まあ、そんなところだろう。
それにしても、しっかりしたスタッフバッグだなぁと、はかってみると、74g。

あ、「付属品込重量:1.0kg」というスペックは、スタッフバッグは除いた重さっていうことか。
このスタッフバッグ、締め口をロールできる防水タイプのもののだけど、ここまでしっかりしたものは要らないので、「go lite shangri-la3」の純正で使ってない袋(約20g)に入れておこうかな。

こっちだと1027g。

 

関連記事

特集記事

TOP