【レガシィで車中泊】銀マットで断熱!サイドとリアの窓のシェード(目隠し)をDIY

車中泊・バンライフ

 

車中泊で眠りにつくとき、外部からの視線が気になる方にとって、必需品は窓を覆うシェード。
このページでは、レガシィツーリングワゴンBP5のサイドとリアを覆うシェードを銀マットで自作します。

 

車中泊で目隠しが必要な場所

車中泊の際に目隠しが必要なのは、当然ですが、前から・横から・後ろからの3方向になります。

❶フロントシートとリアシートの間
❷リアシートのドアガラス×2、荷室のサイドガラス×2
❸リアのドアガラス

車種に合わせた既製品も多数出ていますね。

 

このページでは、❷❸のサイドガラスとリアガラスのシャードの作り方をご紹介します。

 

サイドガラス(後部座席&荷室)/リアのドアガラス

ここが難関。

レガシィツーリングワゴンはサッシュレスモデルなので、窓枠がありません。

スタイリッシュでカッコいいとは思うのですが、100均なでで入手できるマグネットでレールを取り付ける汎用カーテンなどが使えないのが難点。

ECサイトなどで出ている専用シェードは、だいたい吸盤タイプですね。

 

 

 

DIY(準備):素材選び

というわけで、DIYです。

ピタッと窓枠にハメるシェードを目指します。

素材に関しては、大きく分けるとプラダン派と銀マット派が主流のようです。

いや、プラダン(プラスチック段ボール)を使う方のほうが圧倒的に多そうですかね。

となると、ひねくれて、まずは銀マットでやってみようと思ったわけです。

さらにプラダンを使うにしても、遮光だけではなく、ある程度の遮熱を求めるなら、どちらにしろアルミシートは貼ることになるので、既にアルミシートが付いている銀マットを使えば楽なはずです。

 

DIY:銀マットをベースにシェード作成

ペラッペラのものだと(断熱用のアルミシートなど)、自立しませんが、厚さが8mmくらいある銀マットであれば大丈夫でしょうか。

大きさは、180×100cmの2人用タイプであれば、サイドとリアを覆うシェードが1枚で作れそうです。

 

 

Amazonで販売しているバンドックのアルミ ロール マット 厚さ8mmで1,345円。

悪くないなと思っていたのですが、DAISOで見つけてしまいました。

折り畳みタイプですが、同サイズで550円。

折癖がまっすぐにならないかと不安だったのですが、銀シートではないブルーのポリ側をそのままにしておくのも野暮なので、インテリアシートを貼ってピシッとさせることにします。

【レガシィで車中泊】銀マット&リメイクシートでサイドとリアのシェード(目隠し)をつくる

 

制作の手順

①型取り
新聞紙を使ったり、ビニール袋を水で密着させたり、やり方もいろいろありますが、オーソドックスに紙で象ってみました。
窓に合わせ、縁を鉛筆でなぞって型紙を作ります。

【レガシィで車中泊】銀マット&リメイクシートでサイドとリアのシェード(目隠し)をつくる

 

②銀シートをカット
①の型紙に合わせて銀マットを切るわけですが、型紙より一回り大きめ(5mm~1cmくらい)に切っていきます。
型紙を取る際に、正確なサイズでできていないことも多いので、余白を取っておいた方が後で調整が効きます。

 

③インテリアシートの貼り付け
②で切った銀マットのポリ側に、インテリアシートを貼り付けます。はみ出した部分はカットします。

【レガシィで車中泊】銀マット&リメイクシートでサイドとリアのシェード(目隠し)をつくる

 

➃サイズ調整
実際の窓に当てながら、はみ出した部分を少しずつカットし、サイズと形状を合わせていきます。

【レガシィで車中泊】銀マット&リメイクシートでサイドとリアのシェード(目隠し)をつくる

こういった隙間を少しずつなくしていきます。

何となくブラウンが内装に合わない気がしたので、ブラックのレザー調に変更しました。

【レガシィで車中泊】銀マットで断熱!サイドとリアの窓のシェード(目隠し)をつくる

⑤完成

【レガシィで車中泊】突っ張り棒&カーテンでシェード(目隠し)をつくる

外からみるとこんな感じです。

【レガシィで車中泊】銀マットで断熱!サイドとリアの窓のシェード(目隠し)をつくる

多少の隙間はありますが、まあ、良しとします。

 

<失敗例>

①の型紙に頼りすぎて、正確に形やサイズが取れていないと、下の写真のように隙間が空いてしまいます。

【レガシィで車中泊】銀マット&リメイクシートでサイドとリアのシェード(目隠し)をつくる

 

<リアガラスについて>

サイドガラスと同じく、銀マットをベースにすることは決めていました。

ただ、内面をどうしようかと考えた時に、前方の目隠しで使ったカーテン生地がちょうどよいサイズくらいで余っています。

これを貼り合わせれば、前後のコーディネイトもバッチリということにしておきましょう。

【レガシィで車中泊】銀マットで断熱!サイドとリアの窓のシェード(目隠し)をつくる

 

フロントシートとリアシートにカーテンを付ける実例はこちらへ▽

 

用意した材料(費用)

  1. 折り畳み銀マット ¥550
  2. レザー風シート 30×90cm 5個 ¥550

今回はどちらもDAISOで購入。

1100円で横と後ろのシェードが作れると思えば、かなり安く上がったのではないでしょうか。

 

 

 

関連記事

特集記事

TOP