【レガシィで車中泊】BP系のルーフキャリアの入手→取り付け

車中泊・バンライフ

 

レガシィ ツーリングワゴンBP5の車中泊仕様へのカスタムシリーズ。

今回はルーフキャリア&ルーフボックス編です。

ツーリングワゴンの場合、それなりに積載性も高いので2~3泊のキャンプくらいなら十分ですが、車中泊の長旅には、ちょっと物足りないか。

バンほどの荷室の高さがないので、その分を補えないかと感じてしまうんです。

となると最初の選択肢に入ってくるのは、ルーフボックスです。

 

ルーフキャリアの入手・取り付け

ルーフボックスを付けるには、まずキャリアが必要です。

あの屋根の上に乗っかった棒ですね。

これさえあれば、ルーフボックスも載せられますし、ラックも載せられます。

もう少し車高のあるバンなどなら、キャリアに板状のソーラーパネルを取り付けることも可能でしょう。

レガシィ ツーリングワゴンBPへのキャリアの取り付け

ただ、レガシィ ツーリングワゴンBPに適合するキャリアがあるのか、実際に探し始める前は心配でした。

なにせ、最終モデルが平成21年。もう13年落ちです。

そんな古い車のアクセサリーが手に入るのか?と不安は杞憂。

さすが人気車と言うべきか、サードパーティ製が今でも新品で発売されていました。

 

レガシィツーリングワゴンBPに対応するフットベース

まずは車体に取り付けるフットベースを探します。

バーとセットになっていることも多いですが、単体で販売されていることもあります。

このフットベースが重要。

自分の車体に適合するものをしっかり選んでおかないと、付きませんので。

レガシーツーリングワゴン(BP#)に対応するのは、Terzo/テルッツォ (by PIAA)だと、「EF36」。アマゾンで8,864円。

 

カーメイト innoだと、3種ほど取り付け可能なフットが出ています。

ただ、バーなどとの相性があるようなので、オフィシャルHPの適合表でご確認ください。

http://db.carmate.co.jp/m/genre/carrier/systemfit.php?menuST=31&cType=sys&carNameID=293&carrierID=1510

 

まずは、「XS300」。アマゾンで15,677円~。

 

フラットなバーの「XS350」。アマゾンで16,440円~。

 

ベーシックな「INXP」。アマゾンで9,971円~。

 

スバル純正のキャリアをヤフオクで入手

上記のサードパーティ製の中古の出物を狙っていたのですが、なんと一番手頃だったのは、純正品。

7000円ほどでバー付きで入手できました。

 

レガシィ ツーリングワゴンBPへのキャリアの取り付け

やってみれば、それほど難しい作業ではありませんでしたが、事前にどう取り付けるのかはわからなかったので、紹介しておきます。

レガシィ ツーリングワゴンBPタイプは、

レガシィ ツーリングワゴンBPへのキャリアの取り付け

このフタを外します。

少しへこんだ部分が2か所あるので、そこにマイナスドライバーなどで少しずつ持ち上げていけば外れます。

レガシィ ツーリングワゴンBPへのキャリアの取り付け

キャリア取付のフットから鍵を開けるとカバーが外れます。

カバーを外すと、ネジが取り付けられるようになります。

レガシィ ツーリングワゴンBPへのキャリアの取り付け

取り付け部にネジ穴がありますので、フット側の穴と合わせます。

レガシィ ツーリングワゴンBPへのキャリアの取り付け

バーの下のボルトでバーの角度の調整。

横のボルト&ナットはバーの固定をしているので、バーの長さの調整が必要な場合は、ここを緩めます。

レガシィ ツーリングワゴンBPへのキャリアの取り付け

バーの長さと角度を調整したら、ネジで固定します。

外しておいたカバーを取り付けれた完成です。

ほうら意外と簡単。

レガシィ ツーリングワゴンBPへのキャリアの取り付け

ちょっと足が高めですね。

サードパーティの方が低めで、スタイリッシュにも思えますが、走行時に風が抜けるスペースが確保されているということにしておきましょう。

 

続いて、ルーフボックスの入手&取付へ

 

 

 

森 薫

雑誌編集者、webコンテンツディレクターを経て独立。コロナ禍を機に半農半X生活へ移行、「X」は表向きライター業、実際は単なる車中泊トラベラー?!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP