【レガシィで車中泊】寝床をつくる~ベッドではなくマットで快適に眠る方法

車中泊・バンライフ

 

ひょんなことからスバルのレガシィを入手したので、徐々に車中泊仕様にカスタムしていっています。
今回は、寝床。
バンのようにベットを入れるのは難しいので、最適なアイテムをセレクトすることで快適な睡眠を目指します。

 

<関連記事>

 

寝床をつくる

車中泊というからには、車の中で泊まるわけです。

シートを倒して、寝てもいいのですが、やはり疲れます。

快適な睡眠には寝床が重要というわけで、いろいろ探してみました。

 

マットレス

キャンプ用のエアマットなどでもいいのですが、それはトレッキング用にしておいて、車中泊では、ハードタイプのマットでしっかり寝ようという目算。

ECサイトでも昼寝用やヨガ用に60cm幅のが、よく見られるようになってきました。

ニトリもでもありますし。

ただ、なぜかカラーが茶色のものが多くて。

茶色も好きな色ですが、今回のカラーコーディネイトは、オリーブグリーン/ベージュ/ブルーで統一しようと考えていたので、見つけたのがアキレスのセミシングルタイプ。

 

藍色でした。

いわゆる高反発と呼ばれる高硬度(265N)で、一応、抗菌・消臭も付いています。

 

60cm幅は是か非か

キャンプ用マットなどは、おおよそ45~55cm幅くらいなので、荷室に2人分並べることができる場合も多いですが、相当な大型車でないと60cm×2=120cmの幅が取れる車は多くないと思います。

レガシィのツーリングワゴンは、荷室の最大幅が137cmありますが、最少は110cm。

2つは入りません。

【レガシィで車中泊】寝床をつくる~ベッドではなくマットで快適に眠る方法

ただ、後部席の座席が6:4分割されているので、6のほう(右側)を使えば、60㎝幅のマットがジャストサイズ。

車中泊をソロで楽しむ場合は、おすすめです。

【レガシィで車中泊】寝床をつくる~ベッドではなくマットで快適に眠る方法

180cmのマットを伸ばすと、頭はこのくらいの位置にきます。

 

銀マットで保温

マットがきちんとしたものですので、たいていのシーズンは快適に寝られるのですが、寒いときには、マットの下にアルミ保温シートを敷いて、下からの冷気を防いでいます。

これだけで結構、体感温度は変わってきます。

Seria アルミ保温シート 両面タイプ 70×180cm

Seriaで70×140cmサイズのものを110円(税込)で発見。

たった100円でもあるとないのでは大違い。

Seria アルミ保温シート 両面タイプ 70×180cm

普段は、これもSeriaで見つけたラバーフリーバンド(2Pで110円)で巻いて、荷室の隙間に突っ込んでます。

 

寝袋

車に積めるので、布団で寝てもいいのかもしれませんが、収納性や汎用性を考えると、やはり寝袋でしょう。

で、山登りをする人ならご存じかもしれませんが、寝袋は凝り出したらキリがないアイテム。

ピンからキリまで、千円から10万円くらいのものがあります。

現在使っているので、リサイクルショップ「2ndStreet」で見つけた中古のもの。

機能というより色で選びました。

Southern Port 寝袋

いわゆる封筒型ですが、トレッキング用のマミー型のダウンシュラフと併用する際にも便利です。

氷点下になるような冬場には、ダウンシュラフに入って、その上側から封筒型に入れば、何とか寝られます。

 

現在使っている登山用は、モンベルのスリーピングバッグ。

夏山にしか登らないので、【快適温度】8℃/【使用可能温度】3℃のモデルです。

 

タオルケット代わりのバスタオル/ビーチタオル

暑い夏には上掛けに、寒い冬にはシーツ代わりにと、一枚あると便利なのが、大判のバスタオルやビーチタオル。

タオルケットは車中泊には大きすぎるものが多いので、バスタオルやビーチタオルを探した方が、ちょうどよいサイズのものが見つかりやすいと思います。

私が使っているのは、ホームセンター「コーナン」で見つけた大判のバスタオル。

コーナン LIFELEX 大判バスタオル 70×140cm

70×140cmなので、シーツ代わりに使った場合、頭から膝くらいまでですが、まあ、十分です。

冬場には、寝袋の中、下側に敷くことも多いので、大きすぎないものが好きです。

 

オシャレに楽しみたい方は、ビーチタオルを

少し値が張りますが、ビーチタオルだと、オシャレな柄が出ていますね。

 

睡眠の質を決めるのは、枕だと言われることもあります。

車中泊なら、どんな枕でも積めるかもしれませんが、やはり荷物は多くしたくないという気持ちと揺れ動くものです。

そこで、汎用性の高いものをと探して、現在使っているのは、ネッククッション。

普段は助手席に付けています。

Seria 車内用ネッククッション メッシュ

このネッククッションを枕にすると、多少高さが足りないのですが、レガシィツーリングワゴンの場合、後部座席を倒しても、完全なフラットにならず、15cmほど高くなります。

その高さをうまく利用して、ちょうどよい頭の高さをキープしています。

安さを追求するなら、100均に売っているトラベルピローもありだと思います。

Seria 車内用ネッククッション メッシュ

エアー枕なら、収納の場所も取りません。

Seria らくらくエアー枕

 

 

 

関連記事

特集記事

TOP