ベランダ菜園に便利なプランターを発見!一週間水やり不要のプランター一覧

植物の育て方

 

前回、ルーフバルコニーっぽいスペースに、ぶどう棚を造り始めたことをご紹介しましたが、今回はその続き。
育てる植物を選びながら、それを植えるプランターを探してみました。
そして、見つけました!
いくつかのタイプを試してみようかとも思っていたのですが、今の私には一択。
それは、リッチェルの「水ラク」シリーズでした。

 

ベランダ菜園を続けるコツは、水やりの手間を省くこと

ベランダ菜園をやりたい、けれども世話が面倒と思う方は多いと思います。

とくに仕事をしていたり、1人暮らしだったりすると、始めたはいいものの、なかなか続かないなんて悩みを持つことも多いでしょう。

はい、私がそうです。

何度か試して、1クールはちゃんとやるんですが、やはり出張やら旅行やらで長期間家を空けることになったり、じゃなくても、朝の忙しい時間に水やりを忘れてしまっていたりと、枯らしてしまった経験も多々。

ペットボトル型の給水システムを試してみたりしたこともありますが、結局は数日に一度、ペットボトルに水を入れるのさえ面倒くさくなります。

 

いろいろネットサーフィンをしながら見つけたのが、リッチェルの「水ラク」シリーズ。

プランターの底が貯水スペースになっていて、そこから水が吸い上げられていく構造になっています。

 

 

 

 

リッチェル「水ラク菜園上手 45型」

45型というのは、長辺が約45cmの大きさ。

ちょうど手頃なサイズですし、税込で750円前後から売られているので、手を出しやすいでしょう。

 

 

基本的には、トマトなど、水分を必要とする野菜栽培が前提ですが、果物苗で試してみたいと思います。

野菜だと、最悪の場合、7日くらい水やりなしでも持つようですが、ぶどうやレモンなど渇きに強い植物なら、10日くらい水やりなしでもいけないかと考えています。

下部にある貯水槽から水を吸い上げられるだけでなく、土にやった水の余剰分は下の貯水槽にたまるので、週1~2日、それなりにまとまった雨が降れば、まったく水やりなしで回っていかないかと期待しています。

さて、どうなるか?

 

リッチェル「水ラク 緑のカーテンプランター85型」

上記と同じタイプで、サイズが長辺85cm。税込1,550円くらいから

 

 

 

かなり大きめですが、トマトなど野菜を本格的に収穫しようと考えれば、これくらい必要となるかもしれません。

45型を2つ買った方が安いし、汎用性が高いので、そちらにしました。

 

リッチェル「うるオンプランター 65型」

「水ラク菜園上手」のハイクオリティ版。

水の吸収、循環がより効率的になるような設計になっているようですが、その分、お値段は張って、参考価格:1,813円 (税込)。

 

色のバリエーションが豊富なので、カラーリングをきちんと合わせたい方は、いい選択肢だと思います。

 

ダークグリーン

 

ダークブラウン

 

アイボリー

 

 

 

関連記事

特集記事

TOP