トランギアとエスビットのアルコールストーブ

 

先週1週間かけて、固形燃料の使い勝手を自分なりに把握したところで、次は、アルコールバーナーのほう。
これは、かんたんに決まった。
改めて、先日入手したの下記の2つ。
まずtrangiaのミニ トランギア

そして、エスビット 985ml クックセット

それぞれ、アルコールバーナーが付いていて、左がエスビットで、右がトランギアのもの。

やはり半世紀モデルチェンジをせずにつくり続けられたという歴史を持つ、トランギアのアルコールバーナーのほうが、気持ち、風格があるようにも思える。
が、複雑な機構で特許や実用新案が取られているものならいざ知らず、空き缶を使った自作もさかんなように、アルコールバーナーはきわめてシンプルな構造の道具だ。
そういう場合、たいてい後発のものの方が、使い勝手が良かったりするのも、また事実。
ぼくの場合、消化蓋に取っ手が付いていることが決め手となり、いったんエスビットのアルコールバーナーを使っていくことにした。
取っ手があることにより、比較的火力調整をしやすい。
もちろん、トランギアのアルコールバーナーでも、消化蓋を使って、火力調整をできないことはない。
とはいえ、熱を持っているので、途中で動かすのは、実質的に不可能。
フルで出力するか、フタの明き具合をだいたいこれくらいかと決めておいて、そのままかぶせるかの2段階調整になるだろう。
ちなみに、トランギア B25アルコールバーナーは、日本でも単体で発売されていたが、エスビットのアルコールバーナーは、ようやく今年から国内でもバーナーだけ入手できるようになったようだ。
そう販売代理店の飯塚カンパニーのカタログに載っているが、オフィシャルHPにも、店頭やネットショップでもあまり見かけないのだが。
ショップで注文すれば取り寄せてくれる可能性も高いが、手に入れるには、クックセットで買うか、海外通販を利用したほうが、確実だろうか。

関連記事

特集記事

TOP