山ごはんレシピ:7-11(セブンイレブン)カルボナーラ×生フェットチーネ

さて、昨日に引き続き、生フェットチーネのバリエーション。
今度はカルボナーラをつくってみた。
ソースは、同じく火を通さずにそのまま使えるので、トレッキングのお供には最適なセブンイレブンのプライベートブランドから出ている「ゆでたパスタにあえるだけ」シリーズのもの。
こちらもパッケージには、「1.5mm〜1.7mmのロングパスタ又はフェトチーネに、あえてお召し上がりください」と推奨されている。
長麺より平麺を押しがちなのは、名古屋出身なので、きしめんの面影を追っているのかもしれないけど、実際、食べ応えはフェットチーネのほうがあると思う。
トレッキング時の食事の場合、食べ応え・満腹感は非常に重要な要素だと考えているので。
さて、出来上がりは、こんな感じ。ちょっとベーコンが下に沈みこんじゃってるけど。

<セブンプレミアム カルボナーラソース×生フェットチーネ(ゆで時間4分)>
総合:★★★★☆
美味さ:★★★★☆(十分美味!)
手軽度:★★★☆☆(調理時間約15分〜)
コスト:★★★☆☆(1人前=約250円〜)
満腹度:★★★★☆
携帯性:★★★☆☆(1人前=約190g。生麺なので、少し重い)
保存性:★★★★☆(常温で数週間保存可)
*アウトドアでの調理を前提として上で、独断で評価しています
(↓)材料・作り方に続く


<用意するモノ>1人前
セブンプレミアム ゆでたパスタにあえるだけ ボロネーゼソース 1袋
リッチ 生フィットチーネ 100g

小さじ1杯
ブラックペッパー お好みで適量
<材料の重量>
まずはいつもの材料の重さの計測から。

計187g。生麺なので、水分を含んでいて、乾麺よりは若干重い。
<作り方>
1) 1リットル以上の水に小さじ一杯の塩を入れ、火にかける。(実際には800mlくらいの水だけれども、900mlのクッカーなので)。

2) 沸騰したら、フェットチーネを入れる。

3) 4分ほど経ったら、ゆで具合を確認し、問題なければ、火から下ろす。
4) 麺から水を切り、オリーブオイルこさじ一杯をあえる。
写真では、オイルが少し見にくいだろうけど。

5) ソースを絡め、お好みでブラックペッパーなどをかければ出来上がり。
<インプレ>
これも十分美味しい!
ただ、ボロネーゼソースと比べて、☆一つ落ちるのは、ソースとしての出来、というか、単なる好みの問題。
自宅でカルボナーラ作る場合は、たいてい生たまごと生クリームからつくるので、その味がスタンダードになっていて……市販のカルボナーラソースで、満足できるものは、あまりなかったりもするので。
その前提は、差し引いて考えたもらったほうがいいだろう。
とはいえ、ボロネーゼソースと同じく、4分間で麺をゆでられ、ソースもそのまま和えるだけという手軽さ。
生麺のおいしさは、十分満足できるので、これも実際にトレッキングに持って行くメニューのラインナップに入ることは間違いない。

関連記事

特集記事

TOP