チャック付ポリ袋(B7サイズ)は隠れた便利アイテム

山旅レシピ

100均ネタ、いったんの最後です。
山に登る人は、ゴミ入れなどにジップロックなどは必需品だという考えは、かなり浸透しているように思う。
けれども、食品用のものなどは、ある用途には、Sサイズでも少し大きい。
何に使うか? はい、米入れです。
小さめのサイズのものを買わなくちゃと思いつつ、つい忘れていたので、この機会にB7サイズのチャック付を購入。

米を山やキャンプに持って行くときは、調理するときにいちいち計るのが面倒なので、いつも使用する分だけ、ビニール袋に小分けにしている。

チャック付ポリ袋(B7サイズ)は隠れた便利アイテム

ふつうのビニール袋を使っていたが、これはこれでメリットがある。
ある程度かたちが変幻自在に変えられるので、いろいろなところの隙間に押し込むことができるのは、結構便利なことだ。
ただ、米を炊くとき、trangiaのメスティンを使うようになってから、何となく四角にピタッと収めたい気分になってきてしまったのだ。

 

ちなみに、A4サイズくらいの薄手の家庭用ビニール袋と、このB7チャック付きだと、1枚あたり、どちらも2-3gで、重量はほぼ変わらない。
まあ、家庭用ビニール袋を半分に切れば、重さも半分になるわけだけど、ちいさくすると口を縛りづらくなるので、あまり現実的な方法じゃないと思う。
さて、中に米を入れてみる。

B7サイズで、ちょうど1合入った。
きれいに収まったので、大成功!としたいところなのだけれども、実は個人的には少しだけすっきりしない気分も…。
ぼくの場合、運動をした後で腹が減っている場合、たいてい3/4合くらいがちょうど良い。だから、いつもこの分量で小分けにしている。
となると、A7サイズの方が良かったか…という後悔も少し。
でも、大は小を兼ねるので、まあ、良しとするか。

 

関連記事

特集記事

TOP