【アウトドアギアDIY】Nimbus Meridian用ポケットを自作

ギア

 

さて、今さらながら、入手した「GRANITE GEAR[グラナイトギア]ニンバスメリディアン」だけど、細かな不満のひとつはヒップベルトにポケットが付いていないこと。

このポケットが付いているかどうかをザック自体の選択肢にする人もいるようだけど、なけりゃ、作ればいいというお気楽な考え方をするのも、一つの手。
というわけで、いつものように、自作してみた。

もし金持ちだったら、素直に「GRANITE GEAR(グラナイトギア) ベルトポケット」を入手するか、デイナ・デザインの名作「Wet Rib」や「Dry Rib」のレアものでも探すかもしれないけど。

金持ちでもないし、そんな必要も感じていないので、制作費200円・作業30分を選んだというか。
(↓以下、製作過程などに続く)

まずは例のごとく、100均で素材探し。
「マルチホルダー」と名付けられたカメラやゲーム、携帯などをクッション付のケースを選んでおいた。
【アウトドアギアDIY】Nimbus Meridian用ポケットを自作
以前自転車用のサドルバッグにアレンジしたときに使ったポーチにしようかとも思ったのだけど、今回はマチがない方がしっくりバッグに合うと思い、こちらを選んだ。
このケースだと、使わないときは、嵩張らずに収納できるし、携帯なども入れるから多少なりともクッションが効いた方がいいかもしれない(気休め程度だけど)。
それに、ポーチだと、ヒップベルトのカーブに合わせられない可能性が高い。
ヒップベルトにまったベルトが付いていないモデルであれば、ゴムバンドなどを使おうかとも思ったが、「GRANITE GEAR[グラナイトギア]ニンバスメリディアン」にはコンプレッションベルトが付いていたので、ここに取り付ければいい。
【アウトドアギアDIY】Nimbus Meridian用ポケットを自作
取り付ける位置を決め、ゴムバンドの長さを決め、裏にベロクロを付ければできあがり。
【アウトドアギアDIY】Nimbus Meridian用ポケットを自作
サイズは、iPhoneとたばこ、携帯灰皿を入れると、これくらい。
飴やキャラメルなどなら行動食も、もう少し入るだろう。
【アウトドアギアDIY】Nimbus Meridian用ポケットを自作
今日は1個だけつくったのだけど、結構、使い勝手はよさそうなので、もう一つ作って、両サイド仕様にしようかな。
その前に、水筒の収納の使い勝手を良くするのが先か。

関連記事

特集記事

TOP