山ごはんレシピ_プレーンのクスクス

さて、今週はクスクスを徹底的に攻略しようと思っているので、最初はクスクスの基本的な作り方から。
今回に限り、味の評価は参考までに。
おかず・ソースを付けないときの評価なので。
たとえば、パスタでも、スパゲティそのもののおいしさもあるけど、ふつうは「ボロネーゼ」だとか「カルボナーラ」だとか、ソースとともに評価するわけだし。
個人的には、白米のみだと★2つくらいなので、単体で食べるにはそれよりもちょっと厳しいかな?ってイメージ。
それはともかく、出来上がり。

<プレーン クスクス>
美味さ:★☆☆☆☆
手軽度:★★★★☆(調理時間約10分〜)
コスト:★★★☆☆(1人前=約100円〜。これだけじゃ食べられないので、★1つ減点)
携帯性:★★★★☆(1人前=約100g)
保存性:★★★★★(湿気にさえ注意するれば、常温で数週間保存可)
*アウトドアでの調理を前提として上で、独断で評価しています
(↓材料・作り方に続く)


<用意するモノ>1人前
クスクス 100g
もっとも入手しやすいのは、たぶん「アルバディア クスクス 500g」なので、今回はこれを使って。

ほかにも、たとえば「クスクス 全粒粉使用(中粒)500g」など、中粒のものもオススメなのだけど、その場合、お湯につけておく時間が気持ち長くなる。

ブラックペッパー 小さじ1〜1.5杯
適量
ブラックペッパー 適量
レモン汁・パセリ あればお好みで
<A:基本の作り方>
1) 1人分100gを、ボール、クッカーなどに用意する。

2) 沸騰したお湯100mlを、1)に入れる。

3) お湯をクスクスの粉全体に馴染ませるようにかきまぜたら、約5分置いておく。

4) 3)とともにバターを1かけ(無ければ、オリーブオイル小さじ1〜1.5杯でも可)フライパンに入れ、弱火で4〜5分炒める。

5) バター(オイル)が粉全体に馴染んだら、塩・胡椒で味を調え、完成。
<B:手抜き(緊急時?)の作り方>
1) 2) は<A:基本の作り方>と同じ。
3) お湯をクスクスの粉全体に馴染ませるようにかきまぜたら、約10〜15分置いておく。
4) 小さじ1杯のオリーブオイルを3)にまぶし、かき混ぜる。

5) 塩胡椒で味を調えれば、完成。

こちらの作り方だと、<A:基本の作り方>よりも少し香ばしさが落ちるが、プレーンのクスクスだけで食べるものではなく、ソースとともに食べることを考えれば、劇的に味が変わるというわけでもない。
ただ、クスクスじたいは冷えてしまうので、基本的に付け合わせは熱々のスープ・ソースなどの方がいいだろう。
あるいは、冷たい付け合わせと一緒にサラダっぽく食べる手もある。
冷えたものを食べる場合、パセリ、レモン汁などを入れると、よりあっさりとした風味になって美味しい。

関連記事

特集記事

TOP