山ごはんレシピ_クスクス with アラビアータ

見た目は、昨日のミネストローネとあまり変わらないけど、今回クスクスと合わせるのはアラビアータソース。
トマトソースを赤唐辛子でスパイシーにしたパスタソースだ。
ミネストローネと違って、固形のものは出ていないので、レトルトのパスタソースを使うか、アラビアータソースを使って簡単につくるか、トマト缶から手作りするか、という選択になるだろう。
一番簡単なレトルトのパックをつかってみると、できあがりは、こういうイメージ。

(あまりに絵面として寂しかったので、バリエーションのイワシ付きの方に変更してみました)

<クスクス with アラビアータソース>
総合:★★★★☆
美味さ:★★★☆☆
手軽度:★★★★☆(調理時間約15分〜)
コスト:★★★☆☆(1人前=約250円〜)
満腹度:★★★☆☆(もう1品欲しいかな)
携帯性:★★★☆☆(1人前=約200g〜)
保存性:★★★★★(湿気にさえ注意すれば、常温で数週間保存可)
*アウトドアでの調理を前提として上で、独断で評価しています
(↓材料・作り方・バリエに続く)


<用意するモノ>1人前
クスクス 100g
アラビアータソースがしっかりめなので、今回は中粒の「リッチ クスクス 500g」を使ってみる。

アラビアータ ソース
ニチレイ レストランユース アラビアータ 140g

*クスクス用に
バター(あるいはオリーブオイル) 1かけ(小さじ1〜1.5杯)
 適量
ブラックペッパー 適量
<作り方>
丁寧に紹介するほどのことではないけど、念のため。
1) クスクスを用意する。クスクスの作り方は、こちらを参照。
2) アラビアータソースを5分ほど湯煎する。
3) 1)と2)を混ぜ合わせれば、完成。

<インプレ>
やっぱり少しスパイシーな方が、気分的に、クスクスには合うような気がする。
クスクスのソースとして、味の相性はバッチリ。
ただ、やっぱり肉でも野菜でも魚でもいいので、しっかりした具が欲しいような。
というわけで、いろいろ付け加えてみた。
<バリエーション>
クスクス with 手作りシーフード・アラビアータソース
時間と手間をかけれるシチュエーションなら、もちろんレトルトでなくても、ちゃんとアラビアータソースをつくったほうが美味しい。
例えば、シーフード・アラビアータなら、作り方は、以前紹介したミネストローネから、水とセロリとエノキを抜き、赤唐辛子かチリパウダー(一緒だけど)で味付けすればいいだけ。
そのイメージ図。

付け合わせは、オニオンポテトスープ。
今年のPrimusのカタログに紹介されているのが気になったので、少しアレンジを変えて(水分少なめ&コーンビーフを加えて)、つくってみた。
イワシのアラビアータソース添え with クスクス
たとえば、房総半島あたりを自転車ツーリングしているとしよう。
ふと、立ち寄った港町。
気の良い漁師と意気投合し、「兄ちゃん、今日獲れたイワシだよ。2-3匹持って来なよ」と言われたらーー。
アラビアータで煮てみる手もあるか、と。

残念ながら、そんな機会はまだ来ていないので、スーパーで買ったイワシを、ガスグリルで焼いた。
ストーヴとプリムス フォールディングトースターで焼いた方が、写真的には雰囲気が出たかな。

ここまでくると、主客逆転。メインはイワシで、クスクスが付け合わせという感じだろうか。
それはそれで、幸せな気分。
あ、でも、それなら、サーディン缶のスパイシートマトソースに、タマネギなどの野菜を足しても、ほぼ一緒のものができるかも。

関連記事

特集記事

TOP