山ごはんレシピ_カレークスクス

以前、カレーピラフネタでくどいほどエントリーしたことがあったけど、カレー粉(と顆粒コンソメ)は、数日にわたるトレッキング旅の場合、持っておくと非常に便利な調味料だ。
アルファ米の白米もカレーピラフになるし、食べ残した白米を翌朝カレー雑炊にすることも、インスタントラーメンをカレー味にすることもできる。
今週のテーマであるクスクスも、カレー粉を足せば、またひと味違った楽しみ方ができる。
今日はカレー粉で、ピラフ風にしたものを。

(取り合わせは、わかめスープ)
<カレークスクス>
総合:★★★☆☆
美味さ:★★★☆☆(付け合わせがあった方が、より美味しいかな)
手軽度:★★★★☆(調理時間約15分〜)
コスト:★★★★☆(1人前=約150円〜)
満腹度:★★★☆☆
携帯性:★★★★☆(1人前=約120g〜)
保存性:★★★★★(高温多湿に気をつければ、常温でも数週間保存可能)
*アウトドアでの調理を前提として上で、独断で評価しています
(↓材料・作り方に続く)


<用意するモノ>
クスクス 100g
今回もいつもの「アルバディア クスクス

カレー粉 5-10g
あまり使わない方なら、小分けにされた「GABAN ドライカレー(スティックタイプ) 顆粒 10gX5箱」が便利。

ヘルシー指向の方には、「オーサワジャパン ヘルシーカレー粉 20g」がオススメ。20g入だと3〜4食に使えるので、3〜4泊のトレッキング旅で、ちょうど使い切れる。

大豆ミート 約10g
今回も恒例の「オーサワの大豆ミート(細切りタイプ)」を。美味しくするというより、栄養価を高める役割の方が大きいかもしれないけど。

顆粒コンソメ 約5g
 化学調味料無添加 コンソメ 顆粒 5g*4本」ならスティック一本。

バターあるいはオリーブオイル 適量
***もし用意できるなら
たまねぎ 1/8個
***そのほかお好みで
にんじん、グリーンピース、キノコ類などを入れても美味しい。
<作り方>
基本的な作り方は「プレーンのクスクス」と同じ。具を入れない限り、違いは、炒めるときにカレー粉とコンソメを混ぜるだけ。
1) 100gのクスクスに約100mlのお湯を入れ、5分置く
2) 大豆ミートを5分ほど湯の中に浸し、戻す。その後、細かく切っておく。

3) もし野菜などが使える場合は、先に弱火で炒めておく。
4) 3)にバターかオリーブオイルを足し、1)のクスクスと2)のも戻した大豆ミートを入れる。すぐに、カレー粉・顆粒コンソメをまぶし、よくかきまぜながら、弱火で炒める。ぼくの場合、ついコンソメを忘れがちなのだけど、カレー粉だけではボケた味になるので要注意。
5) 5分くらい炒めたら、完成。
<インプレ>
プレーンのクスクスに飽きてきたころには、目先(舌先?)が変わって良い。
ただ、これも単品で食べるには、やはりちょっと物足りないかも。
もともと、しっとりした料理ではないので、あまりおかずが多くないときは、スープやシチューなどと合わせて食べた方がいいだろう。
トマト系でも結構合う。
スパイシーな肉などとの相性もいいので、それは明日にでも紹介しようか。

関連記事

特集記事

TOP